首藤剛志氏が倒れ、入院し、手術を受ける

 初期のポケモンアニメの脚本などを担当していた首藤剛志氏が2010年10月28日午前6時頃に倒れ、入院し、手術を受けていることが報じられています。

 これによると、首藤剛志氏は、JR関西線奈良駅の喫煙所で倒れ、救急搬送され、奈良市内の救命救急センターに運ばれたそうです。

 首藤剛志氏の病状は、くも膜下出血で、緊急手術が行われたと報じられています。

 首藤剛志氏は、2010年5月2日付のブログで、「体調を崩し、路上で倒れ救急車で運ばれ、それ以後、病院通いをしていましたが、まあ、入院はせずになんとかなりそうです。」ということを書いているため、倒れて病院に運ばれるのはこれが初めてではないようで、以前から体調がすぐれないようです。

 情報元

続報:首藤剛志氏がお亡くなりになる

スポンサーリンク

シェアする

フォローする