首藤剛志氏がお亡くなりになる

 初期のポケモンアニメの脚本などを担当していた首藤剛志氏が倒れ、入院し、手術を受けていることを昨日お伝えしましたが、残念ながら2010年10月29日午前4時3分に、奈良市の病院でお亡くなりになられたそうです。

 首藤剛志氏は61歳で、死因はくも膜下出血です。

 首藤剛志氏の葬儀は、2010年11月1日正午、東京都渋谷区元代々木町24の3の応慶寺で行われ、喪主は父の尭(たかし)氏であることが報じられています。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

フォローする