「ポケットモンスター ブラック ホワイト」の「ランダムマッチ」のルール

 「ポケットモンスター ブラック ホワイト」の「グローバルターミナル」のWi-Fiを使って遊ぶ「ランダムマッチ」にルールが設定されることが発表されています。

 「ランダムマッチ」に設定されるルールは、大きく分けると、「ポケモンが覚えるわざについてのルール」と「改造コードについてのルール」の2つのルールです。

 
<ポケモンが覚えるわざについてのルール(2010年11月10日更新版)>
 次の方法で「わざ」を覚えたポケモンのみ使用出来ます。

1)レベルアップで覚えたわざ
2)「わざ(ひでん)マシン」で覚えたわざ
3)「タマゴ」から生まれたときに覚えているわざ
4)ゲーム内イベント(わざを教えてもらえる、など)で覚えたわざ
5)イベントや特典で公式に配布されたポケモンが特別に覚えているわざ

 また、バトルバランスを考慮して、次のわざを覚えているポケモンは使用出来ません。

1)フリーフォール (関連:「『ポケットモンスター ブラック ホワイト』の『フリーフォール』のバグ」)

 
<改造コードについてのルール>
 ゲームソフトのレポートを改造する装置を使い、改造コードにより改ざんされたデータを含むポケモン、および改造コードを使用して出現させたポケモンは使用出来ません。

 
 これらのルールを守れていないポケモンが手持ちにいた場合や、ゲームソフトに改ざんが見られた場合、「ランダムマッチ」に接続すると、ゲーム画面に次のメッセージが表示されます。

 「ポケモンに もんだいが あるため さんか できませんでした」

 なお、これらのルールは、今後開催される、「ポケットモンスター ブラック ホワイト」を使用した公式大会でも適用されます。

 情報元