「ポケットモンスター ブラック ホワイト」の「ヒウンシティ」の桟橋は、手の指をイメージ

「ポケットモンスター ブラック ホワイト」の「ヒウンシティ」の桟橋は、手の指をイメージ

 ゲームフリークの増田順一氏のブログが更新され、ヒウンシティの桟橋の設定が少し公開されています。

 これによると、「ヒウンシティ」の桟橋は、「手の指」をイメージして作られ、手の5本の指に対応するように、5本の桟橋が掛かっているそうです。

 また、各桟橋の役割も各指に対応したイメージで設定されていて、例えば、中指は、立てるジェスチャーをすると、相手を侮辱するというジェスチャーになり、そのようなマイナスのイメージがあるので、ここに停泊する船は、同じくマイナスイメージのプラズマ団の秘密船ということになっているようです。

 より詳しい設定内容については、こちらに掲載されています。

 ブログでは、他には、BWのメッセージを進めるときに鳴る「ピリン!」という音は、BWの音楽を新しい感じにしたかったので、逆に効果音は初心に戻ろうという考えから、赤緑の音に戻しているということも明らかにされています。
 ただ、実際には、赤緑の音そのままというわけではなく、BWの音は、赤緑の「ピリン!」をサンプリングして使い、チューンを何度も調整したりして、一番綺麗な音になっているとのことです。

 情報元 

コメント

  1. 厨ポケトレーナー より:

    ヒウンシティにそんなトリビアがあったとは!!
    中指にあたる桟橋がプラズマシップであることも納得が行くな

  2. 名無し より:

    そういうよく分からないところでアメリカナイズを発揮するのやめてほしいw
    中指立てた時の意味とかどう考えてもポケモンに必要な要素じゃないしw

  3. 詩乃 より:

    すごー~いです