ポケモンカードゲームの2011年4月から10月のシェアは5%弱

ポケモンカードゲームの2011年4月から10月のシェアは5%弱

 メディアクリエイト調べの、ポケモンカードゲームの2011年4月から10月のシェアが明らかになっています。

 これによると、2011年4月から10月のトレーディングカードゲーム市場における、ポケカのシェアは、販売金額で4.98%、販売数で4.55%になっています。

 ちなみに、販売金額順のシェアで言えば、1位は遊戯王で、販売金額34.54%、販売数40.3%、2位はデュエルマスターズで、販売金額16.75%、販売数19.58%、3位はバトルスピリッツで、販売金額7.69%、販売数7.3%になっています。

 ポケモンは、販売金額で、4位のヴァンガード(5.79%)、5位のプロ野球オーナーズリーグ(5.71%)に続く6位(4.98%)になっています。
 その下は、7位がヴァイスシュヴァルツ(4.76%)、8位がMTG(3.59%)、9位がガンダムウォー(1.59%)、10位がミラクルバトルカードダス(1.58%)で、それ以下は「その他」になっており、合わせて13.03%のシェアになっています。

 なお、以前のシェアが分からないので、これまでよりも増えているのか減っているのかは不明ですが、カードゲームでは依然として遊戯王が圧倒的な強さを誇り、ポケモンは5%弱しかシェアがないようです。

 情報元

 ポケモンカードゲーム

スポンサーリンク

シェアする

フォローする