「ポケモントレッタ」は7月中旬に稼働、「トレッタレポート」や「トレッタケース」も登場

「ポケモントレッタ」は7月中旬に稼働、「トレッタレポート」や「トレッタケース」も登場

 アーケードゲーム「ポケモントレッタ」が正式発表されました。

 「ポケモントレッタ」は、業務用のキッズ向けアミューズメントマシンで、2012年7月中旬に稼働予定になっています。

 今作は、ゲーム画面上でつかまえたポケモンが「トレッタ」と呼ばれる配出物(提供物)として実際にマシンから配出される、今までになかった全く新しいアミューズメントマシンになっているそうです。

 今回のゲームは、「ポケモンをさがす、ポケモンをつかってバトルする、ボールを投げてつかまえる」という「ポケットモンスター」本来のおもしろさを、アミューズメントマシンでそのまま再現した点が最大の特徴です。

 また、ゲーム画面上でつかまえたポケモンがそのままポケモントレッタとしてマシンから配出されるため、あたかも本当にポケモンをつかまえたかのような気分を味わえるとのことです。

 排出される「ポケモントレッタ」は、ポケモンのイラストとキャラクターの説明文が記載されていて、稼働時の「シーズン1」では、40種類以上が用意されています。
 ちなみに、7月中旬の導入後も、長く遊べるように、幅広い展開が図られる予定です。

 そして、つかまえたポケモンの情報を記録できる「トレッタレポート」や、

 専用の「トレッタケース」といった関連商品も発売されます。

 「ポケモントレッタ」の1プレイは100円で、1プレイごとにトレッタが1枚もらえます。
 製作は、タカラトミーアーツとマーベラスAQLで、販売はタカラトミーアーツになっています。

 情報元 

 ポケモントレッタ公式サイト